TOPNovelt.4.2.P4U
P4U / K / S.W.K. / T / L&D / H / S
P4U あとがき
2003年はこれで始まりました。

……なんだそりゃ、と思われましたか?
いやいや、これが事実なんですよ。
何しろ、この「P4U」は、1月2日に書き上げたんですから!(新年早々何やってんだお前)
もちろん、その後何度も訂正はしたので、今あるのが第何稿なのか本人にも判らないんですけど。

まあそれはともかく。

小説ネットでこれをご覧になった方はすでにご存じのことと思いますが。
本気だったんですよ。
「誕生日プレゼント、何が欲しい?」と訊かれ「肉球」「しっぽ」と答える彼氏。
戸惑った彼女が「……なんで?」と訊くと、彼は真剣に答えるのです。


「じつは俺は猫なんだ」と……!


そしてめでたく猫肉球と猫しっぽを取り戻した暁には、猫の国に帰ると言うのです!

そんなへっぽこファンタジーにするつもりでした。
……終わる頃にはただのラブになってました。(泣)
ふしぎですね。世の中って。本当に(……お前っ)

そうそう、「P4U」というのは「ぴーふぉーゆー」と読みます。
「ぴーよんゆー」とは読まないで下さいね。
「Present For You」の略です。
罠をはったつもりはないのですが、長い名前がちと鬱陶しかったので略したのです。
暗号くさくていいかんじです。……だめですか?

それにしても小説ネットには本当にお世話になってます。
世の中の荒波をちょっとは知っておこうと思って、かなり適当な心意気で投稿するようになったのですが、
あそこで得たものはとても大きく、多いです。
この「t.4.2.」というシリーズも、あのサイト(管理人の方を始め、読み、評価し、レビューを書いて下さった皆様)があってこそ。
本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いします。


それにしてもこいつら何歳くらいなんでしょうか。ね。