ブログいくしーず

高柳ゆきやと結城りうが日常じゃないものをだらりとかくんじゃないかなーというブログ
<< November 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

結婚式とか。

土曜日、同期の結婚式(披露宴かな)に行ってきました。(その後同期の飲み会にも行った)
いやあ、幸せそうな二人を見るのは純粋によろこばしいことでしたね。
私は新婦側の友人として招かれたんですが、新婦はうつくしかった!
もともと美人さんなところに磨きがかかって、ウェディングドレスがロマンだった!

強いて言うなら(ていうか口に出したけど)そのパーティーに招かれていたメンバーが基本的に男ばかりで
(新郎側が男だらけだったんだ……女ばっか呼ぶ新郎も嫌だが)
会場で「お、かわいい子発見」と思うと、なんということはない一緒に呼ばれた仲間だったりして、とてもさみしかった。
みんな基本黒いスーツばっかりで(当然です)「くそう黒集団め!」と愚痴ったら、
「お前の格好も黒いだろうが」と仲間の男一人にツッコミ入れられました。
そのとおりだ。わるかったな。


私は諸事情あって高校卒業してから一度も仲間に会っていなかったのですが
(新婦側が呼んだ友人は、一人を除いて全て高校時の部活仲間でした)
みんな変わったよーな変わってないよーな。
女の子は(当然だけど)みんなきれいになった! とても目の保養になった!
全員ノーメイクだったのが正装して来たんだから当然っちゃ当然なんだけど、
もともと顔立ちがきれいな子ばかりだったので非常に感激しました。
ボーイッシュだった子が女らしくなっていて、もうときめくやら羨むやら。
悪友一人大してかわらな……いや、あいつだけは地味に会っていたので空白の時間が少ないだけなんだけど。

そして男性陣は、ある意味で変化あり、ある意味変わらず。
スーツが似合う人は高校の時から似合う奴だったし、貫禄ある人は高校の時からryだし、小学校の時から知っている野郎は(私と彼が同期の中でも一番つきあい長い……)相変わらずな外見と中身におやじくささが加わっていた程度。

ただ、地味に髭とか髪のことを気にし始めた彼らが非常にほほえましかった。
遺伝という名の現代の常識ゆえに未来が決定している彼は、もう諦めているらしく
「前兆が出る前にとっととかわいい子を見つけてたらし込んで結婚しねーと!」と言っていたのに大爆笑でした。
おまえ、父親に会わせた途端「じゃこの話はなかったことに」と振られるぞ……


しかしあれですね。
なんだかんだいって、高校生はアイデンティティがある程度確立していた時期だったのだなあ。
あの頃から変わらないものはきっとこれからも変わらないのでしょう。
変わるものはこれからも変わるところなんだろう。
高校生をすぐ書こうとする私にとってはなかなか勉強になる一日でした。


そして新郎新婦に直撃インタビューとばかりに質問攻めにしたとき、
新郎に「彼女のどこに惚れたんですか!」と仲間が訊ねたら、彼は照れながら
「良くも悪くも今風じゃないところですね」と答えた……

その時座敷にいた全員が互いに顔を見合わせたことを私は忘れない。
うちの高校出身で「いまふう」な人間は、まずいないって兄さん。
個性が溢れて垂れ流しになってる輩ばかりなんだから……


そして、長年音信不通をしていた私は、皆に
「生きてる~?」(足ついとるわと答えました)「すごいひさしぶり!」「なんで新年会こねーんだよ!」(ごめんな。いろいろあったのだよ)「積もる話がすんごいあるんだよ!」(と言っていた割になにが積もっていたのか結局判らなかったぞ、Oよ)
と、さまざまに怒られました……

そしてその日、初めて終電を逃してタクシーで帰るはめになったのだった!
- - : Edit
2006.11.28 Tuesday :: comments (0) :: trackbacks (0)

かんづめ

に入ることになりました……
ええと、12月の頭までくらい。
もっとも詰め込められる先はお決まりのホテルとかではなくて、別宅のようなものですが……我が家にはしばらく帰ってこられないです。
仕事が終われば帰ってこられるけど!
いろんな意味でがけっぷち。今日も今日とてがけっぷちです!

まあ、サイト運営には90%影響ない(別名どうでもいい)わけですが!

私は家庭の事情で、小旅行のような感じであっちこっちいったり来たりすることに慣れているのですが、
我が家にあって別宅にないものは細かく言うとたくさんあるわけです。
「別になくたって死にはしないだろ」程度のことなんですが……
たとえばスキンケア用品とか!(冬場は肌が乾燥して乾燥して……)
薬とか!(薬と名のつくモノ、普段から10種類は持ち歩いてます。しかしそれらが生死に直接関わるわけではないです……ないと大変だけど)
部屋着とか!(……結構死活問題だよなこれは。ある意味)

そんなわけで……がけっぷち人生、無事年を越せるかどうか!
越せたら……
無事に年越しを迎えられたら……

――200枚くらい一気になにかを書いたりしてな……(笑)


冷静に考えて、あり得ない話ではないと自分で思ってしまうところが危険(笑)


ところで全く関係のない話ですが、結城と太鼓叩きまくっていたら、右手親指の皮がべろんと剥けました……
一日たって治ったかな~? というところで今日もまた叩いてしまったので、
絆創膏の上から不吉な染みが見えました。……出てる出てる。なんか液がしみ出てるよ。
ついつい力んでしまいますね、あれ……
- - : Edit
2006.11.22 Wednesday :: comments (0) :: trackbacks (0)

わ……あい!

以前の記事でゆきやがよろこんでいたのだけど、結城もできるようになりました。

カルマ(鬼)@太鼓の達人8

万歳!
な……ながかった……!
先日も後一ゲージまでいったのだけどその後クリアできなかったのです。

しかし、サイト正式公開前かあの出来事は……。

そんでわれわれの仕事が如何に遅かったかよくわかることが最近ありました。
このサイトのアドレスは見てわかるように独自ドメインというやつですが、だいたい一年単位でとることが出来ます。そんでそ言えば秋にとったような、ふと確認したらドメイン取得日が2005.11.10でした(通知が来たときに無意識のうちに継続手続きしてたらしくて、期限はきちんと延びてます)。

うわあ……ドメインとってからサイト開設まで半年ぐらいあいてるよ……。
(そっと目をそらす)

そんな仕事の遅いわれわれですが今ちょっぴりがんばっています。
後一月ぐらいできちんとお知らせが出来るといいですね!(他人事じゃない)
- - : Edit
2006.11.20 Monday :: comments (1) :: trackbacks (0)

実を言えば

サイトにUPした作品は自分のも相方のも読んだことがなかった高柳です……

ついさっき初めてサイト上でミラクルゾーンを読みました!
いつもエディタソフトで読んでいるもので、HTMLで読むと後悔感慨もひとしおですね!
……ていうかいつもいつも、冷静になって読み返してみると、「んじゃこりゃぁあ!」とちゃぶ台をひっくり返したくなる衝動に駆られるのですが……
…………なぜ私はいつもこんな話ばかり書いてしまうのだろう。
真面目な話、自分の作品を読みながら「世界中の皆さんにごめんなさい!」と叫ぶこと多いです……

ま、まあそんな感じで書いた本人はぐったりしているわけですが、ありがたくもメールフォームで反応を返してくださった方が複数名いらっしゃいます。
ありがとうございます。すんごくうれしいです。
拍手なりメルフォなり、反応を頂くたびに「ああ結城にわがまま言ってこのサイトやってもらってよかった」って凄く思います。
いつも自分のことでいっぱいいっぱいで、新作を書いても結城に丸投げしているし、
ついでに自分の作品をどこかへ登録しにいくことも殆どありません。
せいぜいこのブログで「新しいの書いたでーす」と宣伝するくらいです。

それなのに、毎日誰かしら読みに来てくださっている……!
すごいことですね。

でもって、いつの間にか(管理人も私もトップページもろくに見てません……)2000カウント超えている!
ありがたいことです!
これからも地味ーにがんばろうな、結城。


――それはともかく……
貴重な反応ありがとう! なメルフォアンケートなんですが。。
ミラクルゾーン、今のところ「まだまだいける」ばかり来ています。
ていうかそれしか来てません。
まだまだいける……?
それって、あのう、もっと糖度を上げろってことですか?
もっともっと、思わず砂が口からざーっと流れるくらいげろ甘な話を書けということですか!?

個人的に……
今いちばん、上記の疑問に対する反応が欲しいです…………
- - : Edit
2006.11.16 Thursday :: comments (0) :: trackbacks (0)

フライング

↓の結城の記事が何を意味するのか、本人に説明受けるまで意味わかりませんでした高柳です。

新作「ミラクルゾーン」UPしました。

ちょっとした不手際と怠慢で、プロトタイプ(完成原稿にあらず)がUPされたままでした。
非常に申し訳ないことです。
ブログでの私の予告をうけてなのでしょうが、わざわざ探してくださった方が何人もいらっしゃったようで心苦しい限りです。
めるほも頂いてしまいました。ありがとうございます!
でもすみませんな気持ちでいっぱい……

妙な状態のまま数日放置されていたことを改めてお詫び申し上げます。

ついさっき結城に緊急招集をかけて正式にUPしなおしてもらいましたので、
これが現状最終原稿という形になります。
これでまた誤字とかあったら大笑いですが、見つけた方はいつでもいくらでもご指摘くださいね!

……つうかさ結城、あたかも隠しのよーな新作発表状態は、ミラクルとは言わんだろ!

…………てか、まあ、何が一番の原因だったかっていえば、この話のキャッチコピー(毎回結城とすったもんだして決めます)でもめたのがげんいn
- - : Edit
2006.11.11 Saturday :: comments (0) :: trackbacks (0)

不手際により

ちょっと表示がおかしいところがありますが、別にタイトルに引っ掛けたわけではなく現在いじれないだけですので、閲覧はご自由にどうぞー。

(*気づいておられない方はそのままで! ほんと不手際で申し訳ない)
- - : Edit
2006.11.09 Thursday :: comments (0) :: trackbacks (0)
1/1

▲ page top