ブログいくしーず

高柳ゆきやと結城りうが日常じゃないものをだらりとかくんじゃないかなーというブログ
<< October 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ある日気がつくと

締め切り三日前でした。

……というわけで3分でネタを考えて一日で短編一本書きました……
まさにインスタント。

しかも「またくだらぬものを書いてしまった」な気分です。あーあ。
そのうち結城がUPしてくれるでしょう、ということで予告終了。
- - : Edit
2006.10.31 Tuesday :: comments (0) :: trackbacks (0)

ぶっちゃけすぎ。

とあるところで二次はこたえたのですが、ゆきやが追加質問つけてくれたのでこちらで一次版を。
ところどころ二次とかぶるところもありますがやっぱけっこう姿勢が違う。

なんか長ったらしくなったので折りたたみます。
- - : Edit
2006.10.28 Saturday :: comments (0) :: trackbacks (0)

バトンに挑戦

最近、自分が好きな漫画にある一つの共通点を見いだしました。
それは、ギャグと血反吐。

……昔から好きな漫画を読み返してみても、その共通点を覆すものがなかった……

人生いろんな意味でがけっぷちです。
今日は結城からまわされたバトンに答えようとおもいます。


一次or二次創作ぶっちゃけバトン(※私は一次で答えマース)

◆創作歴を教えてください
 ……あ、10年行った。自分でも今驚いた。


◆最初に書き上げた作品はどのようなお話でしたか?(未発表のものでも可)
 ええと……書き上げたのは、お嬢様がなんか拳振り回してる短編だったような。
 さすがにあんまりよく覚えてないなー。
 高校時代の悪友が初めて書いたものの内容なら(読んだこともないのに)覚えてるのに。


◆今まで書いた作品の中で一番気に入っているものは何ですか?
 げほげほげほげほげほ。
 出来がまだマシな方、という意味で至近距離二編かな。
 

◆創作する上で一番気をつけていることは何ですか?
 会話のリアリティーとリズム感と読みやすさ。え? 全部同じ?


◆どんな時にネタを思いつきますか?
 トイレ、お風呂、寝る前、夢の中、夜に自転車こいでるとき。


◆ネタを思いついた後、それをどうやって形にし肉付けしていくかあなたなりの構成方法を教えて下さい。 差し支えなければオンorオフで作品を発表している方は実際の具体例を一連のプロセス的な流れで教えて下さい。
 発表した作品で一番新しいもののプロセスでいうとー……
 1,友人とメッセ中にネタをもらう。(この場合魔女っ子と七夕だった)
 2,友人に対する嫌がらせと愛をこめて、大体のストーリーを考える。
 3,考えながらそのまま書き出す。途中で名前付けに困って友人のPNをパクる。
 4,魔女っ子に怯えながらどうにか描写をクリアする。
 5,ご都合主義もここまでくると救いようがないと自分にツッコミながらラブへ爆進。
 6,余韻という名のオチをくっつけて、終了。
 7,自分で読み返すことなく結城と協力者の友人にそのまま送りつける。
 8,絶叫と文章構成と感想をもらって、多少手直しして、結城にUPしてもらう。


◆プロットは立てますか? それはどのように書きますか?
 長い話を書く時はたてます。短編の時は常に一発勝負です(……)
 プロットはなまじ細かくたててしまうとそこで満足してしまうので危険です。


◆↑でプロットを立てると書かれた方へ。プロット→本編の時、プロット通りにキャラは動いてくれますか?
 100%とは言い切れませんが基本的に「このキャラでこんなシーンを書く」を繋いでいってプロットになるので、あまり脱線はしません。
 あと自分の中で暴走確定済みのキャラは、そもそもプロットたてて書きません。


◆「横道に逸れ始める」という方。その軌道修正はどうしてますか?
 横道にそれた場合はそのまま横道を爆走させます。
 そのまま帰ってこない場合もあります。


◆一番好きな作業は何ですか?
 会話書いてるときかな?


◆あなたの創作七つ道具を教えて下さい
 うしさん、しんく、しぐま、エディタソフト、気力、欲求、電子辞書。
 前ふたつはパソコンの名前(名前かい)、しぐまはPDAの名前です。


◆創作期間中「これだけは欠かせない」というアイテムがあったら教えて下さい。(コーヒー、テレビ、音楽等)
 音楽が欠かせない時もある(非常に邪魔だと思うときもある)
 飲み物・飴のたぐいが欠かせない時もある(別になくても平気な時もある)
 一番ないとどうしようもないのは、書きたいという欲求と気力。


◆あなたが「影響を受けている」と思う方は誰ですか?(先人・プロアマ・ジャンル問わず)
 ゴホッ。
 ちゅ……中学時代に読んだ漫画・ライノベの作者さんに……
 最近読み直して「ああ自分の原点がここにある」と気づいてしまった作品が多すぎる!
 恥ずかしいので名前はあげられません。


◆ご自分の作品世界の中、一連の流れの中で共通するテーマがあるとしたら、それは何だと思いますか?
 ラブとお約束とボケとツッコミと読みやすさと読後感。
 ……書いてる本人はそう思ってるデース。


◆ご自分の作品に対して、客観的な感想をどうぞ
 深いテーマとか内容がない、と猛省すること多し。


◆ご自分の作品、これから課題があるとしたらそれは何だとおもいますか?
 文章力・構成力のスキルアップ。


◆ご自分の作品に愛はありますか?
 あります。
 ただしけなし愛です。けなすことそれこそがラブです。
 自分の作品に愛しかなかったらそこから一歩も進めません。


◆あなたの作品が好きだ。という方に一言どうぞ。
 え? どなたですかそんなことをおっしゃる物好きさんは?


◆今後どのような作品を書いていきたいですか?
 もう少し深みのあるまっとうなラブ……かラブのないファンタジーを書きたいです。


◆二次に限り「これと出会って私変わりました」という作品は?
 戦部遙さんのGWパロ。


◆今、あなたが読みたい(見たい)と思う作品があれば(いくつでも可)
 ……自分が先日見た夢を文章化した作品!!
 私は夢の中でロボットに乗って戦ったこともあるし超能力使って空飛んだこともあるし(略)


◆創作中BGMは聴きますか? 聴かれる方はどのような音楽を聴いていますか?
 聴く時は聴きますが聴かない時は聴きません。
 最近好きなのはangelaかな。あとはフュージョンとかゲームのサントラとか。


◆原稿製作に準備~完成までどれくらい時間をかけますか? 理想と現実を教えて下さい
 原稿の量によります。
 短編はほぼ全て一日(数時間で書き上げ、その後校正)で書きます。
 未発表作の150~200枚くらいいってる話は2~3日かかりました。


◆キャラクターデザインをする時に参考にしているものはなんですか?
 デザインというのは中身でしょうか外見でしょうか……。
 外見は全く決めないか、ゲームキャラとかを参考にする、かな。
 中身は「これを参考にしよう!」と決めたら盗作になるのでやりません。
 ある程度参考にはしていても、書く際に自分なりにカスタマイズされます。


◆物語やキャラクターを作るときの資料はなんですか?
 電子辞書、ぐーぐる、結城。
 とってもべんり。(おい)


◆もっとも好きな作品(漫画・映画・アニメetc.)はなんですか?
 漫画:Landreaall(とりあえず最初に思いついたのでこれで)
 映画:機動戦士ガンダムF91、紅の豚(え? 両方アニメじゃないかって?)
 アニメ:んー……たくさんあるから、ちょうど目に入った金色のガッシュベルで。


◆ご自分の作品に出てくる登場人物の中でもっとも気に入っているのはだれですか
 奈澪?(つきあい長いし)
 でも自分が書いたキャラはおおむねどれも好きです。
 アキヒナも雄馬も由有もリーフェもウォルトもみんな好きさ!


◆サイト、作品で一番自信のある点を教えて下さい
 自信?なんですかそれは。
 あ、文章が見やすいサイトだと思います。結城のおかげです。


◆気付くとよく書いているシーン、シチュエーションは何ですか?
 らぶしー……いや思ったほど書いてないか? いや書いてるか? んんどっちだ?


◆創作中に一番困ったことは何ですか?
 こういうことを描写したい、と頭の中にある光景をうまく表す言葉が出ない時。


◆作品の主軸をどこに置いて描くことが多いですか? また一番最初に思いつき易いのは何ですか? 例:キャラ、キャラ設定(アイテム、職業含む)、ストーリー、世界観、舞台に置けるシステムなど
 私はキャラから話を構築することが多いですね。
 主軸はキャラの生き様とかにしたいなーと思うわけですが、それを短編で書くのは大抵不可能です。


◆創作が煮詰ったら何をして気分転換しますか?
 漫画読んだり、小説読んだり。


◆読み手として好きな小説のジャンルと、書き手として得意なジャンルはなんですか?
 戦いとラブのあるファンタジー。
 書き手として得意だと言うほど量を書いてないか……


◆創作をするうえでの自分なりのタブーや、自分に課したルールなどはありますか? 差し支えない範囲で教えてください
 世界観にミスマッチな表現をいれないこと、回りくどい会話をさせないこと。
 地の文でも回りくどい説明にならないようにすること。


◆あなたが大好きな作家さんに一つ質問を追加して回して下さい。回す人数は制限無しです
追加質問⇒「これだけはいつか絶対に書きたいあるいはテーマにしたいと思うようなことはありますか」
 誰かに従うことを運命づけられていた主人公が、それでも誇りを失うことなく、この人こそ主人にふさわしいと胸を張って言えるような人に出会う、というような話。
 へたをすればただのメイドもの!(おい)

 そして私は誰かに回す気がないのでここでぶったぎりです。
 あ、でも一応どなたか使いたいという方がいた時のために追加質問を。

「あなたが作品を書く際、自分の持ち味として意識的あるいは無意識に作品に反映させているものはなんですか」


 以上、おつかれさまでした!
- - : Edit
2006.10.28 Saturday :: comments (0) :: trackbacks (0)

ぎゃー

ご、ごめんなさい!
一月近くメルフォが不能になっていました。
さっき普及しました。

ごめんなさいー!
- - : Edit
2006.10.10 Tuesday :: comments (0) :: trackbacks (0)

10月にはいりますた

私事も忙しいのですが少しずつ創作に復活すべく結城とじたばたしています。
とりあえずぬるく短い企画シリーズものを開始する予定、かな。

なんか私は夏~秋の初めにかけてがたんと気力がおちる病らしく、
それがだんだん浮上した結果、欲求不満が爆発したかのよーに10月になると書き始める癖があるみたいです。
9月の時点ではなにひとつネタが思いつかなかったのに(浮かんでも輪郭が定まらなくて書きようがない)、
ここ数日「あれ書きたい」「これ書きたい」でいっぱいです。

どこまでそれが形になるかは判りませんが、がんばろうと思いますです。
- - : Edit
2006.10.05 Thursday :: comments (0) :: trackbacks (0)
1/1

▲ page top