ブログいくしーず

高柳ゆきやと結城りうが日常じゃないものをだらりとかくんじゃないかなーというブログ
<< September 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

本当にあったこわいはなし

ここのところめっきり秋の気配が濃くなってまいりました。
今日は結城と夕方からふらふらしながら
「風がつめたい」「さむい」「いや待てそんなに着ているのにか?」「七分だもん」
などと不毛なやりとりをしていたわけですが、まあ我々が歩きながらする会話の9割は
脳みそを通さずに発せられているので、意味不明でもなんら問題はありません。

それはそれとして、そういう気候だったので、帰宅したらあたたかいコーヒーが飲みたいなと思ったわけです。
普段は紅茶党ですがコーヒーも好きです。
今年の夏は父が作ったアイスコーヒーを、父も私も胃が悪いというのにがばがば飲みました。
自宅でもドリップコーヒーのストック(母に押しつけられたとも言う)があるので、それを掘り出して入れてみたわけですが……

おかしいなコーヒーのにおいがしない。

不可解に思って箱をひっくり返してみたら、2002年6月まででした賞味期限。
おいまて。母よ私がもらった時点で既に賞味期限切れてるじゃねえか。
さすがにコーヒーのにおいがしないコーヒーは飲みたくないので、違う箱(まだある)のをあけていれてみました。

かろうじてコーヒーなにおい。

再びころりとひっくり返したら、そこには2004年までと書いてありました賞味期限。

……二年くらいは超過しても、一応コーヒーっぽく飲めるらしいです(ぽじてぶしんきん)

コーヒーってもともとは薬として伝わった飲み物のはずですが、結局2年前までのものを二杯飲んでしまった私の腹は、だいじょうぶだろうか。。
- - : Edit
2006.09.24 Sunday :: comments (0) :: trackbacks (0)

名文な冒頭

いわゆる中学生とか高校生の頃、「古典的名作の冒頭文暗唱」ってよくやらされました。

「はるはあけぼの、やうやうしろくなりゆくやまぎはすこしあかりて、むらさきだちたるくものすこしたなびきたる」

とか

「つれづれなるままにひぐらし、こころにうつりゆくよしなしごとをそこはかとなくかきつくれば、あやしゅうこそものぐるおしけれ」

とか

「ゆくかわのながれはたえずして、しかしもとのみずにはあらず」

あたりを基本としつつ

「いずれのおんときにか、にょうご、こういあまたさぶらいけるなかに、いとやんごとなききわにはあらぬが、すぐれてときめきたまふありけり」

や、変化球へといくと

「つきひははくたいのくわかくにして、ゆきかうときもまたたびびとなり」

とか

「わがはいはねこである。なまえはまだない」

とか

「とんねるをぬけたらゆきぐにだった」

とかになるわけですね。
あとは百人一首とかも暗唱対象だったかな。
面倒だったのだけれども意外と覚えているもんだ。
平家物語も結構好き。

しかしどれだけ暗唱できたとしてもげんざい書き出しがさっぱりすすまないってことは身になってないってこと、なんだろうな……。

く、九月中になんとか……なるのか?

*Web拍手ありがとうございました!
- - : Edit
2006.09.22 Friday :: comments (0) :: trackbacks (0)

端から見ればバカ以外のなにものでもなく

ちょっと人に頼まれごとをしてて、ついでに気が向いたので、閉店間際のTSUTAYAを襲撃したある夜のこと……

時刻12時半。もちろん昼ではありません。
店に入って3分で目的のCDを見つけ(ちなみにうち2分50秒くらいはジャンル棚を探してた)、とっととレジに向かいました。
しかし、店員の兄さんの言うがまま一週間レンタルすればいいものを、なぜかその瞬間こころのかみさまが「当日レンタルにするんだ」と耳元でささやき、サーイエッサーとばかりに当日レンタルとお答え。
――当日って言っても、もう日付は変わってるじゃんというツッコミはもちろんスルーの方向で。
そして一瞬だが「ええマジ当日?いやいいけど」ってな顔をした兄さんに「翌朝10時までに返却してくださいー」と言われ、大丈夫2時までには返すから。むしろ閉店直後あたりに返すから、と内心でお答えして。

無事レンタル完了して、帰宅してエンコードして、30分もしないうちに返却準備が完了して。

しかし時計を見たら見事に閉店時刻ちょうどだったわけです。

いくらなんでもこの時間に客がきたら迷惑ではなかろうか。
閉店間際の客は飯屋でもどこでもいやがられるものだよね。レンタルショップでも同じかもね。
というわけで15分ほど読みかけの本を開くことにし(ちなみに全然おもしろくなくて買ったことをすごく後悔し1/3も読まないうちに売り飛ばすことを決意していたわけですが、かといって読破しないで処分するのも勿体ない気がしたので結局嫌々読み切ったもの。タイトルは作者さまに悪いので割愛)無事ハッピーでもなんでもないエンドにたどり着いて、後味も感じないままいざ出陣。

道行くサラリーマン(遅くまでお疲れ様です)にちょっぴり不審な目で見られながら無事返却ボックスに投函。
のどが渇いたのでついでにコンビニで飲み物を調達。
そして帰り際。
そう、帰り際……。
夜にはどちらかといえば強く、人といる(あるいは会話している)ときに先に寝落ちすることなど殆どないこの私が(いえ別に自慢でもなんでもありません。ただの不眠です)帰り道道路に出た瞬間、唐突な眠気に襲われ……

ちょっとトラックにかすりそうになりましt(←ぁっ)


いやいや、そのトラックはコンビニに納品するためにきたやつだったのです。
そんでちょうど止まろうとしていたところだったので、えーとそのう、たぶん自転車置き場にいた自転車(とわたし)が邪魔だったんじゃないかな。
んだから別にその、夜中眠いのに出歩いたバカがトラックにひかれそうになったとかそういうわけじゃないんですよ。
ウンウン、ちがうんですよ。
実際には「おっとあぶねえ」程度で、トラックと実際接触したわけじゃないし。

でも帰ってから気がついたけれど、そういえば寄ったコンビニの中でも二度ほど意味もなくこけそうになった。
それをれーせーに考えてみると、専門用語で「足下がおぼつかない」という状態だったような気がしないでもない。

……夜道には気をつけましょう。

そしてそんな状態ならとっとと寝ろよ、と己にツッコミを入れる――現在時刻は2時40分。
ねむいので文章もめためたです。
- - : Edit
2006.09.16 Saturday :: comments (0) :: trackbacks (0)

履歴に書くほどじゃないのですが

ひごろからぺちぺちたたいてくださってありがとう御座います。
このたび拍手おまけを入れ替えました。

今回も三種類(ひよりみ×2、t.4.2.×1)。
今回も対談三つ。
今回も提供高柳ゆきや。

です。
ひよりみ・アキヒナ好きな方はぺちっとたたいてみてくださいませ。

それと月曜日、ちょっぴりページが行方を不明するかもしれませんがすぐ復帰しますのでページ更新かけずに一日ほど置いてご来訪くださいませ。
- - : Edit
2006.09.10 Sunday :: comments (0) :: trackbacks (0)

10年来の…

今日ほぼ10年ぶりにたまたまとある店の弁当をたべました。
最近じゃあ弁当屋も増えたものですが、じうねん前から存在していた店の、のりべんを。

……うん。
じうねんまえと変わらない味を楽しむことができました。
さすが老舗。
時代が流れ流れても同じ味を維持し続けるというのはすごいことですね!

……うまいかまずいかはともかく……
- - : Edit
2006.09.07 Thursday :: comments (0) :: trackbacks (0)
1/1

▲ page top